まず、電話代行サービスを申し込むにあたって気になるのが料金ですが、1ヶ月あたりの料金はおよそ1万円前後~数千円台ぐらいですので社内に電話対応人員を雇うよりもずっと安上がりと言えます。しかし、単に安ければよいというのではなく料金とサービス対応の範囲をセットで検討するべきです。最初に、基本料金でどこまで対応してくれるのか確認しましょう。一般的な電話対応業務は基本料金に含まれるが、それ以外の例えば窓口業務などはオプション料金がかかるというケースもあります。ですからどんな内容の業務を代行依頼したいのか明確にした上で基本料金でのサービス範囲とオプションを付けた場合の料金も考慮に入れて各社の料金プランを比較し、一番ニーズに合ったものを選ぶとよいでしょう。

しかし、申し込みをしたいけどそれが本当に使えるサービスなのかどうか不安があると思います。実際、依頼してみたらこんなはずじゃなかったという事態は避けたいもの。こうした事態を避けるために、無料お試し期間を設けている電話代行サービスを利用してみると良いでしょう。無料のお試し期間は2週間だったり1ヶ月だったり各社によって異なりますが、この間にサービスをフル活用してスムースに対応ができるかどうか確認します。無料期間後に契約を継続しない場合は、期間中に更新キャンセルの連絡をしておきましょう。一般的な電話代行サービスではキャンセルの連絡がない場合、自動更新される可能性がありますので、事前にしっかり確認しておきましょう。

代行会社選びのポイント