次に電話代行契約の申し込みからサービスの開始までの流れについて簡単に説明します。申し込みをする前に契約したい会社に問い合わせをして詳細を確認し、疑問点や不安な点はなるべくクリアにしておきましょう。またお試し期間がある場合はぜひ活用して実際のサービスがどのように行われるのか確認しましょう。契約はメールフォームや電話での申し込みとなりますが、もし近くに代行会社の事務所があれば訪れてその場で契約するのも良いでしょう。

契約時に必要な書類は法人か個人かで異なります。法人契約の場合は登記簿謄本、担当者の身分証明書、印鑑証明書が必要となります。個人契約の場合は本人の身分証明書、住民票、印鑑証明書が必要です。ただ必要となる書類については各社によって若干違いますので問い合わせの際に確認をしてください。必要書類を提出した後で入会審査があり、それを通過すれば契約となります。入会審査にかかる期間は契約プランや会社によって異なりますので、ある程度余裕をもって申し込みをすることをおすすめします。その後、郵送で契約書類が送られてきますので指定された書類に捺印の上、返送する形で契約の締結となります。電話代行であれば早ければ契約日の翌日からサービス開始となります。他のサービス(ネットショップ受付代行やフリーダイヤルのレンタルなど)では契約日から10日前後ぐらい時間がかかる場合もあります。いずれも電話局の工事のみでサービスを受けることができるので工事の立ち合いは不要です。

契約の仕方について