どんな業種・職種においても、ビジネスをする上で電話対応は不可欠です。電話対応の良し悪しがそのまま会社のイメージを決定づけてしまうほどまさに会社の顔と言えます。上手に電話応対をしてくれるスタッフが社内に常にいればよいのですが、いろいろな事情でそれが難しい場合があります。たとえば個人事業や小規模の企業の場合、社内に電話応対してくれる秘書やスタッフを雇うのは高いコストがかかるため乗り気ではない。しかし他の業務で忙しく、なかなか自ら電話応対業務まで手が回らなかったり、席を外していて電話を受けられなかったりすることがあるため代わりに電話対応してくれる人はやはり必要です。そのようなニーズに合わせて、電話対応を外注する電話代行サービスというものがあります。

電話代行サービス自体は昭和40年代からあり、多くのサービス会社が存在します。サービスの種類としては、主に不在時などに会社にかかってきた電話に代わりに出て対応し要件や伝言を受けて依頼者まで連絡してもらうサービス、あるいは広告や求人、商品などの顧客からの問い合わせ窓口としてのサービスがあります。各電話代行サービス会社が様々な料金プランとサービス内容を打ち出していますので、いろいろ比較検討して、自分のニーズに最も合った会社と料金プランを選ぶ必要があります。効率よく電話代行サービスを利用してビジネスをさらに成功させるべく、ここでは電話代行サービスを申し込む際に気を付けるべき点について解説します。

電話対応=会社の顔